常任指揮者 村上謙一郎先生について


村上謙一郎(指揮者)プロフィール

声楽を西尾優氏に師事。合唱指揮を田中信昭氏(東京混声合唱団桂冠指揮者)のもとで学ぶ。

現在、広島大学合唱団常任指揮者、岩国混声合唱団音楽監督・常任指揮者、愛宕フラウエンコー

ル常任指揮者、コーロ・いわくに常任指揮者、Chor Fruende主宰・指揮者、シンフォニア・フロ

イデ・コーラスマスター。

2000年高橋悠治スイジャクオペラ「泥の海」初演(東京)・録音(FontecよりCD発売)に出演

。2003年「創る会」演奏会(東京)に客演として招かれ、野平一郎「水の生理」を指揮。2004年

サントリー音楽財団コンサート「トランスミュージック・権代敦彦」(大阪)においてテノール・ソ

リストとして田中信昭指揮東京混声合唱団と共演。2006年第21回国民文化祭・やまぐち2006「合

唱の祭典」においてオープニングステージを指揮。2009年第3回山口県総合芸術文化祭において

委嘱新作を指揮・初演。2011年第1回県民プロデュース公演・チーフプロデューサー、山口国体式

典音楽隊合唱指揮者。2012年第6回山口県総合芸術文化祭・シンフォニア音楽祭の音楽監督

。2013年岩国混声合唱団40周年記念定期演奏会においてフォーレ「レクイエム」(原典版)を、

愛宕フラウエンコール30周年記念演奏会においてペルゴレージ「スタバト・マーテル」をオーケ

ストラと共演・指揮。2015年岩国混声合唱団東京特別公演(東京)において委嘱曲等を指揮し好

評を博す。「合唱曲を委嘱する会・岩国」実行委員、「創る会(東京)」委嘱会員として、一柳

慧、高橋悠治、西村 朗、野平一郎、近藤 譲、佐藤聡明、北爪道夫、吉川和夫、権代敦彦、山本純

ノ介、鈴木輝昭各氏他の新作の企画・初演に関わるほか、岩国混声合唱団、愛宕フラウエンコー

ルなどを指揮し若林千春、港 大尋各氏の新作を初演するなど、新しい合唱音楽の創造に力を注い

でいる。

ベートーヴェン「第九交響曲」、「合唱幻想曲」やオペラの合唱曲などオーケストラ公演にお

ける合唱指揮を多く担当するほか、国民文化祭やまぐち、山口県総合芸術文化祭など様々な公演

での企画・プロデュース・指揮活動を行う。

また、近年は邦楽器、雅楽器やオーケストラとの共演も積極的に行い活動の領域を拡げている

。2005年岩国市文化奨励賞を受賞。

 

平成29年度より広島大学合唱団の常任指揮者になっていただきました。とても優しい先生です。